FC2ブログ

妊娠。そして裏切り。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

想定外の出来事。遠距離恋愛。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

離婚騒動の原因を先に言っておくことにします。

おはようございます。

今日はお天気もよくなんとなく落ち着いてるふうこ♪です。

今回私が記事にした離婚騒動のことで、限定記事を書くことにしたのですが、

読んでいただけることは嬉しいのですが、私の限定記事など、はっきり言って

私の回想記みたいなもので、人様が面白く思うようなものではないかもしれません。

なので、今回の騒動の原因だけこの記事で公開しようと思いました。

その上で読みたいと思っていただいた方だけ読んでいただければと思いました。



騒動の原因は、バツイチ旦那と前妻との子供との再会問題です・・・・


なんだ、そんなことか・・・・と思われたでしょう??

もっとすごいことかと想像された方すみません。


突然に降ってわいた・・・・いや、いつかは訪れると想定していた・・・・

私の頭の中と心、感情のズレが生み出した葛藤。


この葛藤がこの家庭の崩壊の始まりなのではないかと思ったのです。


よくこういう前妻との間に子をもつ男性と結婚した女性の悩み相談・・・・


誰しもが子供に罪はない。

両親は離婚しても一生親子であることには変わりがない。

それを阻むことなど誰にも許されることではない。


こんな言葉が第三者からは飛び交います。当事者でもそう言える方もいます。

私も本当にそう思います。


頭では理解しているのです。

でも感情がどうにもこうにも理解できないでいるのです。


再会することを突然告げられ、一緒に義母に会いに連れて行くと
言われました。


祖母と孫であることも一生変らない。それも頭ではわかっています。


でも私が作り上げたこの世界・・・テリトリーのようなものに入ってくる

今後怖い存在になるであろうその息子。


そんなことを考えるのも自分が今までやってきたことへの恐怖かもしれない。

そしてこの再会が今後私の今までの穏やかな生活と心の平静をおびやかす・・・・


そんなのこの年齢になって耐えられないのではないか。

また一から私はこの感情とこれから戦っていくことになるのか。


勝手だとは重々思ってはいるが、その重さに耐えられる自身がなく

私から離婚を切り出した。


こう理由を述べても誰も理解はしないと思います。

子持ち男と結婚する以上その覚悟はあったのでしょう??

今更何を言っているの??

あなたに親子を引き裂く権利などあるはずないでしょ??


そんな声が心の中にたくさん聞こえてきます・・・

私は自分勝手。

でも旦那も自分勝手。

必死で理解しようとする私の葛藤など冷たい目でしか見ない。

今の家庭も壊す気はないし、これはお前には関係のないことだと言う。

再会も義母へ会わせることもお前の気持ちなど関係ないと。


そして私のかき乱れた感情の中、来週にでも会いに行くと言った。

息子の希望で昔、息子が子供の頃一緒に住んでた場所まで行ってくると言った。


新幹線の切符の手配をしてくれと言われた。


うずまく感情は封鎖して頭の中で理解してる私だけが


「わかった。」


と言った。


昨日の夜のことでした。



こんな私の書く限定記事です・・・・


いつもご訪問いただき、ありがとうございます(^-^)

ランキング参加中です。
ぼちぼちっ!と押して応援いただけると嬉しいです。
↓↓↓ 


アラフィフ日記ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の別れ。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

やっぱり義母からの電話。

こんばんは~

昨夜は感情大爆発のふうこ♪でした・・・

今朝、起きると昨日大泣きしたせいで、まぶたがぼってりと腫れてて

目があかないほどでした・・・(=_=)

何も解決もしないまま重い気持ちの朝でしたが、

極力普通を装い、朝食の準備はしました。(旦那は仕事だったので)

でもお互いトゲのある物言いしかしない・・・

いつもはマルを抱っこして旦那を玄関まで見送るのだけど

今日はそんな気にもなれず、玄関へも行かなかった・・・

朝からずっと何も手に着かず昨日の話を考え続けていた。


昼に電話の音がなった。 案の定、義母からだった・・・

でも出なかった。(ナンバーディスプレイで誰だかわかる)

今出ても何を言えばいいのかわからなかったから。

ただただ心配かけたことを申し訳なく思ったが、話す気にはなれなくて・・・


1人でいろいろ考えるつもりでいたのに想定外に昼過ぎに旦那が帰宅した。

野球中継を見るためだった・・・(こんな時でも平然と野球を見に帰って来れる神経)

ほとんど言葉をかわすこともなく私はPCに向かっていたが、

その時またしても義母からの電話がかかってくる。

今度は出ないわけにはいかなかった。

「お義母さん??昨日はごめんなさい。。。。」

「あれからあたしゃー朝まで寝れなかったよ。この年になってもう悩ませないでおくれよ。
悪いのは息子だとわかっとるから、離婚はこらえてくれんね??」

「・・・・・・・・・。はあ・・・・・。」

「この年で息子も一人身になったらどうやって生活していけるの?あなたも心配するはずでしょう?
娘たちのことも考えた? これから嫁に行くときに片親になるんだよ。かわいそうじゃないね・・・・」

「はい・・・・・。そうなんですけど・・・・・。」


トータルで聞いていくと自分の息子が年取って一人身になって寂しい生活をさせることがかわいそうだから
離婚しないでくれと言ってるように感じた。

娘らのことはどうでもいいのか?あなたさえ我慢すればすむことでしょう?と言ってるようにしか聞こえない。

私はあなたのこと自慢の嫁だと皆に話しているのよ!自分の娘だと思っているのに・・・と

またいつもの持ち上げ攻撃が出た。

まだ何一つハッキリしていたわけではないので、とりあえず

「お義母さん、心配しないでください。私もよく考えます」としか言えなかった。



でも・・・・男と女の考え方ってどこまでいっても交わることはないのだとわかってる。

話し合っても妥協点が見つからないような気もする。

すべてが面倒くさくなってきた・・・・


今回の事は昨日の記事にも書いたように私がすべて悪いのだと思う。

もっと私が器の大きな女性だったら・・・人間的に大きな女性だったら・・・

そして私はホントはこんなこと言う権利さえない人間なんだとわかっている。



必死に生きて来たけれど、最低な奴なんじゃないかと思ってる。



※カテゴリーに限定記事「私の行方」を作りました・・・

私の心の整理のために過去を振り返りつつ書いていこうと思います。

私と旦那とのSTORYです。興味のある方はコメント欄にお願いします。

パスワードをお伝えします。ブロ友申請していただけるとそのまま見れるようです・・・



いつもご訪問いただき、ありがとうございます(^-^)

ランキング参加中です。
ぼちぼちっ!と押して応援いただけると嬉しいです。
↓↓↓ 


アラフィフ日記ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加