FC2ブログ

Waraund.50 ふうこ♪のある時ない時闘魂ブログ

17

ふうこ♪の整形日記 ~手術編~

こんばんは~

手術から5日目の今日はほとんど腫れは引いた状態です。

ただ、内出血のあとはまだ濃く、両目を殴られたような感じになってます(笑)

強くまばたきをすると、まだズキンと痛む感じです。。。


さて、手術当日のお話です・・・・

その日は午前中、11時から歯医者でした。この日は歯医者さんでも嬉しいことが。

ズタボロで抜くしかないかもと思われた歯をしっかりと治療していただき、再来週には綺麗に根管を埋める作業ができるようです。

あと2~3回の治療できれいな白い歯を入れることができそうですごく嬉しかったです。

先生は「ひどい状態だから期待しないで」と言ったけど、やっぱりスーパードクターだった・・・職人さんですわ。


ちょっと足取りも軽く12時半頃には自宅に帰り、昼食をとりました。少しゆっくりして・・・・・さてと。

2時の予約なので1時半前には家を出ました。

2回目なので迷うことなくクリニックへ到着。受付ですぐに診察室へ通される。

ほどなくして、またあのカウンセリングのお姉さんがやってきた。

「こんにちは~~。どうですか~緊張されてますか??(*^-^*)」

「あ、ど~も(*^-^*)。いや、緊張はしてませんけど・・・・・」


ここで、一言言いたくなった。


「あのさ~、あれから家に帰ってまたネットで色々調べたら、大手の美容外科とかもっとお安い金額で出てたんだよねえ。。。」

すると、顔色を変えずにお姉さんは

「そうですか~。でもね、きっとそういうところは麻酔代は別とかあれは別とかで結局高くなると思うんですけどね・・・」

「そうだよね‥(;^ω^) ま、別にいいんだけどね。」 👈とりあえず言ったことですっきりする。

「他に何か聞きたいこととか、不安なことはありませんか?」

「あ~・・・この手術の腫れってどんな感じなのかな?」

「そうですねえ・・・まあ、腫れというより、泣いた後とかお酒飲んだ後のような「むくみ」のような腫れですよ。」

「あ~そうなのね。殴られた人みたいに目が青くなったりしないよね?」

「あはは~~~そこまではなりませんよぉ!!」 👈実際はなったのだが。




そして、手術前にいろんな同意書とか契約書みたいなものにサインさせられる。

一応、くまなくチェックはしたつもりだけど、同意書の文言に「私は、施術の仕上がりに関して個人差があることを理解します」とあったのがうまく逃げ道を作っとるな(。-`ω-)~~と思った。

ま、そう書くわな。。。。「思ってたんと違う!!」って叫ばれても困るだろうしね。でも実際そういうケースあるんだろうな・・・

私はモニターキャンペーンを利用しているのでビフォーアフター画像を提供しなければならない。

もちろん、目の下部分だけで、目の部分などは隠してもらうことを条件に。アフター画像は約1か月後に撮影に行く。

そして、お会計をすませた。(一瞬、やっぱ麻酔代2750円込みにできん?って言いそうになったけどやめた(笑))


お会計が終わると、

「それでは、あとで担当の者がお迎えに来ますので少々お待ちください」とカウンセリングのお姉さんは去っていった。

ほどなくしてなんとも頼りなさげなこの人はナース?単なる助手?って感じの若い女の子が迎えにきた。

また迷路のような廊下をくねくねと曲がり、ある部屋にたどり着く。


え??Σ( ̄。 ̄ノ)ノ ここが手術室?? マジで??  不安がよぎる。

だってさ~普通のあのいわゆる「手術室」みたいのをイメージしてたんだけど、単なる「個室」だった。

さっきの診察室を少し広くして、長椅子のようなベッドが置いてある。小さなテーブルのようなものに手術道具らしきものがちょこっと置いてある。

「じゃ、こちらに横になってもらいますが、その前にお薬を飲んでください。」

「え?今飲むの?これ、なんのお薬?」 👈いちいちうるさいおばさん。

「抗生物質です」

ふ~~~~~ん。予防的に飲むって感じなのか。だって、ここ普通の部屋だもんね。無菌室じゃないし。

ちょっとちょっと~~~~大丈夫なの??髪の毛、ヘアキャップとかかぶらんでええの??


「じゃ、ここに寝てください。」


もうさ~~、このナースなのか助手なのかわからんような若い女の子2人がやけに不安でしゃーないのよね。

安心感0だもん。。。

そして、ついにきましたよ、「笑気麻酔」。2750円のやつ!(笑)

この「笑気麻酔」って、実際の局所麻酔を打つ前に麻酔のようなガスを吸って、痛みを抑えるというもの。そのガスを吸ってぼ~~~っとなったところにさらに点眼の麻酔薬を入れられる。3段構えね。

寝ている私の鼻の前にガスの出るホースみたいなものを設置。

「だんだんぼ~~~っとしてきますからね。気分悪かったら言ってください。」




・・・・・・・・・・。ぼ~~~~っとならんぞ。(-_-)。なんでや。


するとそこへドクターがやってきた。

「ふうこ♪さん、そろそろぼ~~~っとなってきたでしょう。。この麻酔は「笑気麻酔」っていうくらいやから、途中でケラケラ笑いだしたりする人もいるくらいなんですよ・・・」

「いや・・・あの~先生、まったくぼ~~~っとならんのですけど。」

「え??なりませんか??」

「はい。まったく。」

そう言うと、ドクターはナースであろう(ナースであると思いたい)女の子に「ガス、MAXにして!」と指示した。

これでぼ~~~っとなれると思いきや、まったくきかん。

「先生、まだまったくききませんけど・・・・あの~~~私、アルコール(お酒)強いんですけど、これ関係あります?」


「大ありですね( ̄▽ ̄;)」


ちょっと、待ってよ。胃カメラの時の苦しみを思い出したわよ。麻酔が全然きかなくて眠れなくて、おえっつ!!ってえずきながらホースくわえて、死ぬかと思った時のこと。。。。

まさか・・・・麻酔が効かなかったらどうしよう!!

ドクターはそんなん待ってられへんから、始めよか~的な感じで、局所麻酔の前に点眼麻酔。

「じゃ、はじめますね~」 と言った。


ちょっと!!!慌てて叫んだ。「先生!麻酔、ちゃんと効くんでしょうね!?」

「大丈夫ですよ~じゃ、今から局所麻酔打ちますね~」

私の不安感などおかまいなしに、流れ作業のように麻酔を打ち始める。


あ”=====================================!!

s300_s0040_27_0.png

痛いっつ!!


なにが歯医者さんの麻酔程度の痛みじゃ!!あんなんへのかっぱじゃ!!痛いやんけ!それも何回も針ぶっさして!!何度か「うっ!!くぅ~~~っ。」と声が漏れてしまう。

ドクターが、

「はい!頑張って!!!」と言うと、そばの女子2名が棒読みのセリフのように声をそろえて「頑張ってください(*^-^*)」と言う。
強烈な痛みでその「頑張ってください」が余計に腹がたつ。

麻酔がやっと終わると、すぐに今度は下まぶたの裏をレーザーで切る。

また叫んだ。

「ちょ、先生!!切る前にちゃんと麻酔効いてるんでしょうね!!??」

「大丈夫。ちゃんと効いてますよ。」

なんであんたがわかるねん。切られるの私やで。そう思ったが、レーザーで焼くジュ~っという音と切られている感覚はわかるが痛みはない。

よかった~~~~・・・・ここまでで辛い痛みは終わった。


のではなかった。

その後、下まぶたの3か所から脂肪の袋を摘出するわけだけど、その痛みが半端なかった。

私のネットで調べたかなりの症例からは術中の痛みはほとんどないとされていた。痛みもなくあっという間に終わったという声が多かったのだ。

実際は、目玉をくりぬかれてるんじゃないかと思うような声を出さずにはいられない痛みだった。

脂肪を取り出すときの引っ張る痛み。下まぶたから取り出しているはずなのに目玉の奥をひっぱられてるような拷問のような痛み。

私の調べたものは何だったんだ??局所麻酔ではなく全身麻酔だったのか?麻酔の種類が違うのか?

「痛いっつ!!!」

「麻酔追加しますね~~~」

「先生、痛いって!!」

「じゃ、麻酔追加しますね~~」

「くぅ~~~~っ!!」

「麻酔追加しますよ~」

私が痛みに悶えるたびにまた横の女子2人が「頑張ってください(*^-^*)」と言う。

もうな、それ、いらんねん!!だまっとけ!!頑張っても痛いもんは痛いんじゃ!!

なんぼほど麻酔追加すんねん。普通、1回何か所か麻酔したら手術終わるまでは痛くないんちゃうん?

だんだんと私も不機嫌になってくる。

こんなはずじゃなかった感が半端ない。これって簡単にクリアできる手術だと思い込んでいた。

右目が終わり、じゃ、左目にいきますね~と言われた時の絶望感。

また同じ苦しみを味わうのか。。。。マジでなんなん、この手術。

結局40分くらいはかかったのだろうか。終わりましたと言われ、起き上がって鏡を見せられた。

驚愕の顔。目の下、真っ青。 白目真っ赤に内出血。。。。

私は一言も発せず、茫然と鏡を見ていた。

するとドクターが、

「ごめんね~ちょっと右目のとこ赤く内出血してしまったね~でもすぐ治まるから心配いらないからね。」

そういうと私が何も言う前にドクターはそそくさと部屋を出て行った。


この私の目の周り・・・・どうなるん???完璧に殴られたあとみたいになっとるやん。

再度横になるように言われ、女子が保冷剤をもってきた。

これを自分で持って目を冷やすのだ。

冷やしながら、女子に向かって言った。

「手術後、こんなひどい状態になる人おるん?目の中も痛いんだけど。目の下の脂肪とったのになんで目の上と横が痛いの?白目の出血もちゃんと治るの?」

テンション低く少しいらだった感じに聞こえたかもしれない。女子は「先生を呼んできますのでしばらくお待ちください」と慌てたように言った。

しばらくするとドクターが来たので同じように聞いた。

「目の横や上が痛いのは内出血が横から上に回っているからだと思います。でも内出血がひけばおさまりますから心配いりませんよ。今の症状は必ず落ち着きますから大丈夫です。」

「・・・・・・わかりました。。。。」


その後、点眼薬をさされ、さらに抗生物質を1錠追加で飲まされた。「腫れ止め」とのことで。

こうして私の下まぶたたるみとりの手術は終了した。

しばらく目を冷やしてから立ち上がり、ちょっとよろけながらパウダールームへと連れていかれた。

そこでお化粧なおしなどして帰宅するのだろうが、私はマスクと眼鏡だけでそのまま帰ることにした。

ちょうどその時、私の携帯が鳴った。旦那からだった。

「手術終わった?」

「今さっき終わった。もう帰るのなら病院まで迎えにきてくれる?」

「いいよ。いまから迎えに行く。」


このテンションでひとり電車で帰宅しないですんだのはラッキーだった。

迎えに来てくれた旦那ともほとんど口をきかなかった。というか、手術への怒りの言葉しか出なかった。

旦那が言った。


「自分でやると決めたんだから、しょうがないね。」


「・・・・・うん。そりゃそうだ。」


でもさ、一言だけ言わせてもらえるとしたら・・・・・・






まったく効果のなかった
「笑気麻酔代」、返せっ!!!



次回へつづく・・・・・



では、またねっ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


いつもご訪問いただき、ありがとうございます<(_ _)>s200_s0057_9_01.png


ランキング参加してます。クリックお願いしま~す。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ

11

ふうこ♪の整形日記~カウンセリング編続き~

こんばんは~

前記事にコメントいただいた皆様、ありがとうございます。

とりあえずこのカウンセリング編の記事を書き終えてからお返事させていただきますね<(_ _)>

旦那が寝たので、やっと更新できます(;´∀`)



そう、カウンセリングのお姉さんがドクターを呼びに行ったところまででしたね。

ほどなくして、ドクターが研修医?らしき若い男性をひきつれて入ってきました。(その若い子、一言もしゃべらなかったし)

「はい、こんにちは~~ふうこ♪さん、(*^-^*)」

「はじめまして~よろしくお願いします。」

院長でもあるドクターはホームページの画像よりもちょっと老けて見えた。でも、内心、年食ってるなら経験も豊富だろうし、技術もあるから院長なんだろうし・・と少しほっとする。

そして先生は、私の顔を、いや、目元をまじまじと見た。

「ん~~~・・そうですね。やはり、ふうこ♪さんの場合はふくらみも結構あるので、脂肪も多めですね。。。」

「・・・・ということは、パーフェクトでやらなきゃダメってことですか?」

「そうですね・・・・」


そっか。。。なんだか出来レースな気もしたが、先生がそう言うなら仕方ないと思った。

そして、こちらは本物のドクターなので、私の持病についてや、膠原病の疑いがあり経過観察中であることなどを話し、先生からは手術には問題ないと言われ安心した。

脂肪摘出後の注入剤についても、なるだけやりたくないこと、数か月後に必要性を判断したらその時に考えるということを言うと、それは本人の自由なのでかまわないと言った。(でもこの手術を受けた人はほとんど手術と同時に注入剤を使用していた)

10分程度だっただろうか、ドクターとの話はすぐに終わり、しばらくしてまたカウンセリングのお姉さんが入ってきた。



「やっぱりパーフェクトの方だったようですね・・・・でも、中途半端よりもしっかりとってもらった方がいいと思いますよ(*^-^*)」

内心、最初からパーフェクトで話を進めるようになってたんじゃねーの?と思う気持ちをぐっとこらえて、

「そうですね。そんなに重症だとは思いもしなかったわ~~。」と言った。

そこからまた料金の話が始まった・・・・


「ということで・・・パーフェクトになったわけですが。。。。(;´∀`)」 とお姉さん。

「いや~25万なんて無理ですよ。しかもモニターなのにその価格ってちょっと高いですねえ・・・」

「ん~~~~(>_<)。。。。ちょっと待っててもらえますか?上に料金の交渉をしてきます。」


ほらな。家電量販店の店員と同じ手口だ。。。。「ちょっと聞いてきます・・」みたいな。

そして、私もその間、策略を練る(笑)


「お待たせしました~(;´∀`) なんとか頑張ってみました!20万円と消費税でお願いできませんか?」

(おお~~~5万も安くなるってか。)

それでOKするわけがない(笑)


「いや、私さ、旦那に内緒にしてるからそんなにお金出せないのよ。20万に消費税だと22万でしょ?なんとか税込みで20万ポッキリにできませんかねえ・・・」

「ええ~~~~~っ((+_+))💦 それはちょっと・・・・そんな料金出したことないですよお~」


(ふふふ。嘘をつけ。まだ余裕あるはずだべよ。)


「ちょっと・・・・苦しいですけど、もう一度掛け合ってきます…・お待ちください」


決まったな( ̄ー ̄)。


しばらくしてお姉さんは帰ってきた。

「ふうこ♪さん、すみません。。。なんとか20万円税込にさせていただきますので、麻酔代の2750円だけ別に負担していただけませんか?お願いしますっ!<(_ _)>」

うむ・・・・(-ω-)。。。そんな2750円くらい込みにせーよ!!と言いたいところだが、これ以上食い下がるのも品がない。👈いや、これまでの言動もかなり品はない。


「わかりました。ではそれでお願いします(*^-^*)」

するといきなり、お姉さんは言った。


「なんなら、今からでも空きがあるので手術できますけど、どうされますか?」

(いやいや、よくもまあそんな簡単に言うな~~~時間、もう夕方よ。夕飯の準備せにゃ。)

「いや、今日はもう時間が遅いので、明日空きがあれば、明日の午後でお願いします。」

次の日の午前中は歯医者だったが、午後2時からの予約をとった。ハードスケジュールだ(笑)

「では、明日、お待ちしております(*^-^*)」

エレベーター前までお姉さんは見送ってくれた。



この時、私は金額交渉に勝った気でいた。お得に手術を受けることができると思い込んでいた。

帰り道は、以前検討したクリニックの料金40万から20万に抑えられたことへの達成感と明日の手術への期待感でハイテンションだったと思う。

でも・・・・現実は少し違っていた。その日の夜、またネットであれこれ調べてみた。

私の手術の場合で20万だと高くもなく安くもない。有名どころのいろんな美容外科のホームページをチェックしてみると、どちらかと言えば高い方かもしれなかった。(モニター価格ってのがどこに反映されてんだ?って感じね)

私が自宅の近所、行きやすい場所・・・ということで探したのが間違いだったのだと後でわかった。

でも、どこの美容外科もホームページに記載の料金のみでやってるところはないのだろうな・・と思ったし、あんだけお姉さんに値段交渉しといてまたひっくり返すのもね…手術も予約しちゃったし、まあ、安かろう悪かろうにならない方がいいか・・・なんて自分に言い聞かせた。


少し、悶々とした気持ちではあったが、明日が待ち遠しいような少し怖いようなそんな感じ。

寝る前に、鏡の中で自分の下まぶたのふくらみとしばらくにらめっこして寝た。。。。


グッバイ!私の脂肪ちゃん。。。。(笑)💧



つづく・・・・・


では、またねっ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


いつもご訪問いただき、ありがとうございます<(_ _)>s200_s0057_9_01.png


ランキング参加してます。クリックお願いしま~す。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ




6

ふうこ♪の整形日記 ~カウンセリング編~

こんにちは~

昨日は更新お休みしてしまいました(~_~;) ひたすら目の下を冷やしておりました。。。

今日はずいぶん腫れも引き、ただ、内出血がなおりかけで目の周りが黄色~紫になってます( ̄▽ ̄;)



さて。。。カウンセリング編です。

受付で名前を言うと、迷路のような廊下をくねくねと曲がり、番号のついた診察室4に通された。(4って不気味やな)

そこはデスクと椅子が2つだけの2~3畳の部屋。

「すぐに係りの者が参りますのでお待ちください・・・」

そう言われ、なんだかそわそわとウキウキ?と微妙な気持ちで待った。


コンコン♪とドアをたたく音がして、誰かが入ってきた。

ん????

これまた若い20代くらいの女の子。 ドクターじゃなかった。

いわゆる「整形カウンセラー」という感じの子か。( この時点で少し不安になる・・・・)

その若い子がいろいろと私に質問してくる。

「今日は目の下のたるみのお悩みで来られたんですね。」

「はい、そうです。」

「なぜ、整形しようかと思われたのかそのきっかけを教えていただけますか?」



(ちっ・・・・(。-`ω-) めんどくせーな。 あんたに関係ねーべよ。)

そう思ったが、一応ちゃんと説明しましたよ。

若い頃から悩んでいた事、最近シミ取りレーザーなどで肌の治療をしたことで、徐々にたるみの方も気になってきたこと。。。等々。

そして、そのお姉さんはいろいろとこの手術について最初から語ろうとした。

だから、私はこういった。

「あの~~・・私、この手術についてはいろんなこと、ネットで調べまくったのである程度のことは理解してます。」

お姉さんは笑いながら、

「あはは( ´艸`) そうなんですね。じゃ、もうなんでもご存知ですね~!それでは、逆にわからないこと、不安なことをお聞きした方がいいかもしれまんね(*^-^*)」

そう言った。 (そんなこと言うやつ初めてやわ~~って思ったやろな)でも、そのお姉さんは感じがよくて好感をもった。

そして、あれこれとお話した後、いよいよ料金の話となった。

実は私、ネットで「モニターキャンペーン」をやっているのを知り、それに申し込みしていた( ̄▽ ̄;)

モニター価格はその手術の場合、9万円~となっていた。(安い!前のとこ、40万だで~!)

でもまあ、そう簡単に最低価格でできるとは思わなかった。やはり経験や技術面を考えて、「院長指名」していたし。

お姉さんは切り出した・・・・

「この手術の価格ってどのように決まるかご存知ですか?」


(・・・・?は?どういうことよ(; ・`д・´))


「いや、あの~~、モニターキャンペーンで申し込みしているので、最低金額は無理でしょうけど、・・・・」と口ごもる私。


「この手術はですね、とる「脂肪の量」で決まるんですよ。」


(なぬ~?そんなんホームページにはどこにも書いてなかったぞ。初めて聞いたぞ。(; ・`д・´))

お姉さんはプランの料金表みたいなものを見せながら説明する。

1.スタンダード
2.スーパーナチュラル
3.パーフェクトナチュラル

もちろん、3が一番お高い(-_-;)

「ふうこ♪様の場合は・・・・そうですねえ・・・私の見立てでは2のスーパーナチュラルでいけるか、3のパーフェクトナチュラルかどっちかだと思います。これはドクターに見てもらわないとはっきりはわかりませんけど・・・・」


(おい。スーパーナチュラルでも15万超えとるやんけ。パーフェクト?30万? いい加減にせーよ(; ・`д・´))


「ええっ!!そうなの??そんなにかかるの?知らなかったわ~~私の脂肪の量、パーフェクトじゃないと無理なの?」

「ん~~~~~~・・・・・それはドクターに確認してもらいますが」


その時にちょっと、騙された感をもった。でも、お姉さんはすごく感じがいい。私が難色を示したのを察したのか、

「おいくらくらいを考えていましたか?」とにっこりと聞いてきた。

「え?何?もしかして整形手術って、値切れるん??」  こんなことを言ったのはきっと私が初めてだろう(´-∀-`;)

お姉さんは、ウケた顔して笑いながら、

「いや~~~~(;´∀`) 値切ると言うのか・・・・少しは頑張らせていただきますけど・・・」



s300_s0040_30_0.png

(頑張る??ねえ、それ、電気屋さんで値切った時に店員さんが言う言葉やんか・・・値切れるんや)


「ほんで、なんぼになんの?」  👈大阪のおばちゃんね。

「パーフェクトの場合ですと・・・・30万なので・・・・25万くらいにはできるかと・・・・」



あま~~~~~~~い!!!(。-`ω-)

「モニターやねんから、20万は切ってもらえないのかしら?それ以上なら予算オーバーなんですよねえ・・・」


お姉さんは「ええっ!!((+_+)) それは・・・・ちょっと無理かと・・・・・」

いやいやいや・・・・だいたい値切りのパターンを旦那に教わっている私には着地点が見えていた。


「では、その前にドクターにお顔を見てもらって、どの程度の脂肪の量かで決めてもらいましょう。」

「あ、そうですね。ではお願いします。」

(そうよ。はじめからドクターとのカウンセリングだと思っていたのに、なんで若いねーちゃんやねんって思ってたんよ。おじさんなら弱いかもだけど、おばさんはかわいいねーちゃんでも負けへんのよ。)


お姉さんはタジタジした感じで、少々お待ちくださいとドクターを呼びに部屋を後にした。


旦那が帰宅してしまったので、一旦ここまで。

後につづく・・・・・( ̄▽ ̄;)


では、またねっ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


いつもご訪問いただき、ありがとうございます<(_ _)>s200_s0057_9_01.png


ランキング参加してます。クリックお願いしま~す。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ




4

ふうこ♪の整形日記~病院選び編~

こんにちは~

今日もまだまだお化けのような顔してますよ・・昨日より若干腫れがひいてきた感はあります。

でもまばたきすると目が痛いし、頭痛も少しあり・・・未だ心はブルーですよ(~_~;)


旦那のOKが出てから、すぐにネットで病院選びをしたのですが、基準は家から近くて、そこそこ有名なところで、料金が手ごろな所…といった感じでした。

「目の下のふくらみ除去」で調べるとうちの近くで、かなり有名な?「目の下のたるみとり名医」的な病院がまず目に留まりました。

そのドクターは東京と大阪に医院を構えており、独自のやり方?というか手法で何万人もの目の下のたるみとり手術をされているとか。そのホームページを見てみると、何とも独特な?強烈なキャラのドクターの画像がありました。

6月末までこの手術のキャンペーンをやっていて、お安くなっていましたが、それでも40万・・・びっくり。
そのドクターはTV出演などかなりされているようで、森三中の大島さんとのツーショットや、しゃべくり007?に出演もされたことあるとか・・・・

でもホームページに書いてあることは魅力的だったし、症例の画像をみてもすごくきれいになっている人ばかりだった。
それで、一度カウンセリングを受けてみようとTELしてみたら、ドクターとのLINEテレビ電話でのカウンセリングが1時間半あると言われ、とりあえずはお願いした。

東京と大阪を行き来して全国からの患者を手術しているので、なかなか手術も空きがないと言われた。とりあえずはカウンセリングということで日時を決めて、電話した次の日にカウンセリングとなった。そのためにドクターとLINEで繋がる必要があったので登録した。

友達登録すると、挨拶とともに、森三中の大島さんとのツーショット画像となぜだかわからない自分のダンス画像がLINEに貼り付けられて届いた・・・・

そして私はなんだか、これは違う…と思った。

冷静になれば、金額的にもキャンペーンとはいうものの高すぎる感じがしたし、ちょっと先生の軽い?イメージというのか、金髪のロン毛を後ろで結び、真っ黒に日焼けした笑顔に真っ白の歯・・・

カリスマ的な失敗しなさそうなイメージが強くインプットされ冷静になれていなかったのか。

そして、もうひとつ。その手術に「レディエッセ」という注入剤がセットになっていることが気になった。目の下の脂肪を除去して、そこに注入して目元から頬をきれいにフラットにするための注入剤なのだと思う。ホームページの症例写真もすべてこのレディエッセを注入している人の写真だろう。そのドクターはこのレディエッセをイチオシしていた。

ヒアルロン酸もそうなのだけど、安全性が高いとはいえ、身体の中に異物を注入することが前提になっていたのが私的には怖かった。

体験談などいろいろ探すとしこりが残ったり、異常にふくらみがでたり、注入部が固くなったりして除去する人もいるという口コミなどがあり、それを避けたくなったのだ。ヒアルロン酸はのちに薬で分解して除去できるらしいけど、レディエッセは除去がかなり難しいとあった。

こりゃ、やっぱやめよう・・・直感的な?判断もあった。


そしてそのまますぐ次の候補となる病院を探した。

同じく近所に全国展開中の美容整形外科があり、モニターキャンペーンをしていた。👈キャンペーンに弱い( ̄▽ ̄;)

一応電話してみると、受付の人が感じのいい人だった。(前の医院も受け付けは感じよかったのだけど)

これまた直感的に「こっちがいいかも」と思った。👈いや、安さにつられたと言うべきか。

そして、前の医院のドクターにLINEで連絡を入れた。もう少し考えたいので今回のカウンセリングはキャンセルしてもらいたいと。

次の日の朝、ドクターから返信があり、快くキャンセルを受けてくれた。 よかった・・・・


でも、今となってはどちらがよかったのかは正直わからない。そのドクターにお願いしていればこんなひどい状況にはなっていなかったのかもしれない。 これは結果論だし、自分の選んだことだから今更どうしようもない。

次の日、決めた方の医院へカウンセリングへ行った。

初めての美容整形外科・・・・・ドキドキ。小さめの雑居ビル的な感じの中にあった。

勘違いして3階のところ、2階でエレベーターを降りてしまった。

クリニックらしきものがどこにもなく、オロオロしているとその階の給湯室的なところで歯磨きをしている若い男性に出くわす( ̄▽ ̄;)

あちらも私をみて「誰やねん?」的な顔をしている。

「すみません・・・美容外科はどこでしょうか…(;´∀`)」とそそくさと聞く。

「あ、それならたぶん3階ですよ。」

「あ!・・・・そうですか、ありがとうございました。」恥ずかしいのでダッシュで階段をかけ上がった。

上がるとすぐにデーーンとクリニックの受付が待ち構えていた( ̄▽ ̄;)


ずらりと受付に5人くらい一列に並んで


「お待ちしておりました‥‥(*^-^*)」



なんか・・・・さわやかなんだけど、少し怖くなったのはなぜだろう。。。。。??



次回へつづく・・・・・今回は画像ありませんでしたわ~~。(そんな簡単に出せんわね。ひどいもん(~_~;))


では、またねっ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


いつもご訪問いただき、ありがとうございます<(_ _)>s200_s0057_9_01.png


ランキング参加してます。クリックお願いしま~す。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ




6

ふうこ♪の整形日記 ~事の発端編~

こんばんは~

今日はね・・・・・超すごい顔になってました!!! きっと今日、明日は腫れのピークだと思います。

さて、もったいぶらずにどこを整形したか、お話しましょう(*^-^*)

それはね。。。。




「目の下のたるみ」です。


私はたぶん20代の頃くらいから少しずつ目のしたのクマのように感じていたものはありました。

それは、遺伝というのか、顔の骨格というのか・・・・両親も同じようにたるんでいるので、私ももっと年を取ればそうなるんだろうと思っていました。

「目の下のたるみ??」・・・・わかりやすく画像を載せてみます。


私の母は…こんな感じの目元。
20200618_2125181.jpg
梶芽衣子さん(画像拝借してます)

私の父は…こんな感じの目元。
1.jpg
故・津川雅彦さん(画像拝借してます)


この画像で「目の下のたるみ」の状態、理解いただけましたか?「目の下のふくらみ」と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

なので、私も必然的にこういう感じの目の下のふくらみがあり、若い頃はハリがあったのでまだよかったのですが、年ととるごとにたるみは顕著になり、どんなにコンシーラーなど化粧でごまかそうとしても無理でした。

コンシーラーで消えるはずがない。シミじゃなくて「たるみ」なんだから。

女子会なんかで、「なんか、疲れてない??」 「顔が疲れてるよ」なんて言われたことがあります。

毎回言う人もいるんだけど、私はやっぱりこのクマのようなたるみが原因だと思ってました。

この「目の下のたるみ」に悩んでいる人は結構いて、やっぱりこのたるみのある顔は実年齢よりもかなり老けて見られることが多いし、疲れているようにも見えるのは事実のようです。

シミ取りをして少し白くなった肌。。。。でも目元にはどうやっても治らないたるみが年々ひどくなっていく。。。

ず~~~とず~~~~~と悩んでました。


でも、整形なんてできるわけないと思ってましたよ。お金もかかるし、目のところを切るなんて怖いし。。。。


旦那からたまに「おい、その目、どうかしたのか??」と聞かれることがあり

「え・・・・?何が?どうもしないよ。」

「目の下、黒くクマみたいになってるぞ。」



「・・・・(。-`ω-)。ちっ。」


それから、先日目の周りのたるみ取りレーザーのお試しに行った話があったと思いますが、その話をして、旦那に

「なんだかさ、私のまぶた、眼瞼下垂ギリギリとかって言われて、目のたるみの手術をすすめられたのよ!」って言った時。


「ふ~~~ん。まぶたよりも、その目の下のクマ、何とかした方がいいんじゃないの?あはは。」



「・・・・(。-`ω-)。ちっ。」


あっ、そう。そういうこと言うんだ。 人が内心悩んでいたことを笑い飛ばす無神経さにキレた。


choko_sakebukimo_02_23_17092.gif


「あ~、そう。そういうこと言うのね。じゃ、まぶたのたるみより目の下のたるみ取ってもいいのね?ずっと人が悩んでいたことを・・・・・よくもそんな風に言えるわね!」


「あ、そんなに悩んでたんだ(;´∀`)・・・・じゃ、取りに行けばいいじゃん。」

「本当に行ってもいいのね?」

「いいよ。それで気が済むならそうすればいいよ。」



choko_sakebukimo_05_23_1709.gif


ってなわけで、その瞬間からネットで近くの美容外科を探しまくったわけです。

1日で色々考え、病院を決め、カウンセリングのWEB申し込みをし、次の日にはカウンセリングへ行きました。



ここからふうこ♪の想定外のストーリーがはじまったのです。


つづく・・・・・次回からは画像入れます。(ただし、グロいから閲覧注意ですよ(;´∀`))


では、またねっ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


いつもご訪問いただき、ありがとうございます<(_ _)>s200_s0057_9_01.png


ランキング参加してます。クリックお願いしま~す。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ




このカテゴリーに該当する記事はありません。